FC2ブログ
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
08.31
欠かさず聞いているラジオ番組の一つが『報道するラジオ』だ。

その最新の8月29日付け放送では、ピースおおさか、という名称の
大阪国際平和センターが、この度、展示を大きく変えることになったこと、
どのように変えるのか、など、館長へのインタビューを中心に
プログラムが組まれていた。

平たく言えば、政府の方針に則って、加害者としての日本の展示をなくし、
すなわち、南京大虐殺の展示はなくすというものだった。
そして、よりグローバルな視点に立っての展示だという。
一体なにを展示するのだろう。

ドイツを学ぶものとして、ドレスデンの戦略爆撃、すなわち絨毯爆撃は
ドイツのイギリスに与えた戦略爆撃の報復であることは知っていたが、
大阪を始めとする都市の、東京も経験した大空襲、すなわち戦略爆撃は、
日本が中国の重慶市に行った戦略爆撃の結果であること、
そもそも、戦略爆撃という無差別爆撃をこの世で初めて行ったのが、
日本軍のこの重慶市にたいする爆撃だったことを、このラジオ番組を
聞いて、恥ずかしながら、初めて知ったのだった。
この爆撃を、ドイツも、イギリスも、アメリカも参考にしたのだという。

私たち日本人は、あまりに自国の歴史を知らなさすぎるのではないだろうか。

敗戦の日以降、NHKのサイトで、『太平洋戦争』シリーズをずっと見ていた。
特に、第4回の「インパール作戦」は
第31回(1993年度)ギャラクシー賞(テレビ部門)奨励賞を受賞というほどの
番組ということだ。第1回~6回まで、すべてNHKのサイトで見ることができる。

これらの事実をまず知ることから始めなくては。

http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/bangumi/movie.cgi?das_id=D0001200002_00000


『兵士たちの証言』これは、放送中に見て、覚えているところもあるが、
忘れているところもある。 悲しいことに、忘れてしまうのだ。
だから、繰り返し見る必要がある。
こちらも、貴重な証言だ。これらが
ネット上で見られなくなる日が来ないことを祈る気持ちだ。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tilleulenspiegel.blog.fc2.com/tb.php/96-b1c59789
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。