FC2ブログ
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
12.05
「特定秘密保護法」 に反対します。

一人一人が考えなければならないと思います。

こんなことが本当にあることになるのだろうか。
反対運動のチラシには、こんなことが書いてある。

1.政府や行政の長が国民にかくしたい「秘密」を勝手に
  決めることができる

2.なにが「国の秘密」かは、国民には秘密にされ、永久に
  公開しないことも可能

3.あなたが「国の秘密」に知らずにふれた場合でも逮捕される
  おそれあり

4.原発の危険性の情報は政府が公開禁止にできる

5.原発の危険性を公表するブログなども政府が制限可能

6.もし原発事故が発生しても政府による報道制限が可能

7.「秘密の保護」を口実にだれもが政府に監視され、言論の
  自由がうばわれる

8.国がかくした悪事を告発した場合でも、最大10年間の
  懲役

9.「民主主義の透明性をうばうおそれのある法律」と警告(国連)



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://tilleulenspiegel.blog.fc2.com/tb.php/33-8e1c98dc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。